コラム

猫のための食器とその選び方とは

更新日:

szaremyszki102 / Pixabay

近年猫のキャットフードについての栄養価や安全性などが取りざたされているために、キャットフード選びについてはかなり意識している飼い主が増えていると言われています。

しかしそのキャットフードを入れる容器は適当に選んでいるという人が多いのも事実です。

猫は容器が違うだけでもキャットフードの食べっぷりが大きく変わります。ここではそんな容器の選び方に関して紹介していきたいと思います。

サイズの選び方について

容器を選ぶ際に大きさや形状は重要になります。

猫によっても体格の違いがありますので、その猫に合わせたものを選ばなくてはいけません。

まず大きさは猫の顔よりも大きなものが良いでしょう。

猫は容器に顔を入れて食べるようになりますので、小さいものだとヒゲが当たってしまいます。

ヒゲが当たると猫は非常に嫌がります。ヒゲが当たらないような形状で大きいものを選びましょう。

また、大きめの容器だからといってキャットフードを大量に入れてはいけません。

ドライフードはすぐに乾燥してしまうために酸化して味や風味が落ちます。適量を入れるようにしましょう。

深さも気にしなくてはいけません。深すぎると猫は食べづらくなり、底のほうにキャットフードを残してしまいます。

しかし浅すぎると食べる際にこぼれやすくなります。その猫の体格に合わせて選ぶのですが、その際は容器の重さも重要です。

軽すぎると猫が体重をかけたときに容器がひっくり返ってしまいます。

ある程度の重さでどっしりとしていないと猫は落ち着いて食べることができません。

もちろん重すぎると扱いにくくなりますが、少し重めのものを使うと良いでしょう。

ある程度の大きさと重さを意識しなければ容器を洗うのも大変になります。

容器は必ず食べ終わると洗わなければ細菌が繁殖して不衛生です。そのために大きすぎたり重すぎたりすると不便なのです。

各素材ごとの特徴(良い点・悪い点)

猫の容器には大きく分けると「ステンレス製」「陶磁器製」「プラスチック製」の三種類があります。

それぞれにメリットとデメリットがあるためにそれに合わせて選ぶと良いでしょう。

ステンレス製の最大のメリットは「汚れにくい」ことです。

ある程度高価ではありますが、錆びにくい上に汚れがつきにくく、しかも洗いやすいというメリットがあります。

また、落としたりしても割れたり傷がついたりすることもなく、手入れの面からも利点があります。

デメリットとしては金属であるために寒い時期は容器が非常に冷たくなります。

また、金属臭がすることを嫌がる猫もいます。重さが足りていないものもあるために安定感にも欠けます。

陶磁器製のものは重量があるために猫が安定感を持って食事をすることができます。

傷や汚れもつきにくく、衛生面に優れています。また、冬の寒い時期でもキャットフードが冷めにくいという利点があるのも特徴です。

大事に使えばかなり長持ちします。陶磁器製の容器は電子レンジなどに対応しているものもあるために温めて食べさせる場合などには重宝します。必ず対応しているものを使用しましょう。

ただし陶磁器製の容器はとにかく割れやすいという欠点があります。

容器を落としてしまったり、容器の上に何かを落としたりすると割れてしまいます。

何かの拍子で食事中に割れたりするとかなり危険なため注意が必要です。

dannyworking / Pixabay

プラスチック製は100円ショップなどでも売っているためにもっとも容易に手に入ります。

とにかく安いということと、猫によってはその柔らかさが歯や顔への刺激が少ないということを気に入ることがあります。

冷たい金属製や硬い容器を嫌がる猫にはちょうど良いのかもしれません。また、安く手に入るために同じ容器を使い続けるのを嫌がる猫にも良いでしょう。

しかしプラスチック製はデメリットも多くあります。

とにかく傷がつきやすく、そこから汚れや雑菌が入り込みやすくなります。

長期間使用することで菌が繁殖してしまい不衛生になることもあります。

また、容器が軽いものが多く、猫が体重をかけてひっくり返してしまったり、簡単に動いてしまったりして落ち着いて食べることができません。

使用する際は滑り止めなどを付けるのが良いでしょう。もちろんこの容器で温めることはできませんし、ウェットフードもあまり使用しない方が良いです。

ウェットフードの油分がプラスチックの傷につくとそこから酸化してしまい猫の健康を害してしまいます。

どの容器の場合もそうですが、容器に受け皿を置いて使用している場合は必ず容器と一緒に受け皿も洗うようにしましょう。

容器だけ洗って受け皿が汚いままだと猫が嫌がって食事をしなくなります。

また、そこから繁殖した菌が容器に移ることもあります。汚れが落ちやすい受け皿を選び、清潔に保つようにしましょう。

まとめ

毎日食べるものですので、キャットフードを入れる容器は慎重に選びましょう。

最近ではこぼしにくいように二重構造になっているもの、そのまま電子レンジで使用できるもの、においが移りにくいものなど様々な種類が販売されています。

大きさや深さ、重さなどを猫の体格にあわせて選び、清潔に保つことで猫が快適に食事をできるようになります。

その猫にあった容器をしっかりと選んであげましょう。

「シンプリー」は、サーモン配合率53%以上!

動物栄養学者が考えたグレインフリー(穀類不使用)キャットフードです。

サーモン・ニシン・マスなどの高品質タンパク質73%配合で栄養コントロールと健康管理がしっかりできます。

シンプリーに含まれるクランベリーに含まれるキナ酸は、体のコンディションを安定させ尿管結石予防に効果的。

オリゴ糖・食物繊維が豊富で、毎日のスッキリをサポートします。

穀類を使用せず、消化の良いサツマイモや、ビタミンや鉄分を多く含むニンジンりんごほうれん草を加え、健康維持を手助けします。

シンプリーキャットフードは、肉食である猫に「食事」の満足感を与えるたっぷりの魚と、栄養バランスを維持できるよう野菜や海藻を配合

本来の生態にあった「猫らしい食生活」を追求しつつ、栄養バランスにも配慮したキャットフードです。

-コラム

Copyright© キャットフードマニア , 2021 All Rights Reserved.