食材別おすすめ

鹿肉(ベニソン)でおすすめのキャットフード

更新日:

ilyessuti / Pixabay

鹿肉(ベニソン)を食べたことがある人はどれくらいいるでしょうか?

おそらくかなり少ないですよね。しかし鹿肉は栄養が豊富でカロリーも低いなど、メリットがたくさんあるんです。

そこで今回は、鹿肉を主原料としているキャットフードの特徴と、オススメ商品をご紹介します。

鹿肉(ベニソン)メインのキャットフード、その特徴は? 

 ・高タンパク、低脂肪、低カロリー

肉食動物の猫にとって、動物性タンパク質は欠かせない栄養素です。

獣肉の中でも鹿肉は余計な脂肪分が含まれていないヘルシーな食材といえます。

カロリーを比較すると、牛肉の半分以下です。

高タンパク質なので少量のキャットフードでも必要なタンパク量を摂取することができ、食の細い猫や歯が弱い高齢猫の栄養補給にもオススメです。

鶏肉でたとえるなら「ささみ」部分によく似た成分となっています。

・ビタミンB2と鉄分が豊富

鹿肉に多く含まれるビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康を維持するために重要な成分です。

タンパク質や脂質をエネルギーに変換し、脂肪を燃焼させる効果もあります。

逆に欠乏すると口内がただれたり、酷い場合は食欲不振・頭痛・虚弱などの全身障害が起こる可能性があります。

鉄分は血液内の赤血球を作るために欠かせない成分です。

人間同様、不足すると貧血の症状を引き起こしてしまいます。

鹿肉が主原料のキャットフードを与えることで、ビタミンB2&鉄分を自然に補えますよ。

・DHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富

青魚に多く含まれるDHA、実は鹿肉からも摂取できます。

基本的に他の獣肉にはDHAが含まれていないので、鹿肉は特殊で健康的な食材だといえるでしょう。

DHAには中性脂肪を減らしたり血液が固まるのを防ぐ働きがあります。

そのため、肥満や動脈硬化を予防できます。また、猫の体毛に艶を与えたり皮膚を健康に保つ効果もあるため積極的に取り入れてほしい成分です。

鹿肉(ベニソン)メインのキャットフード、おすすめ商品4選

・ジウィピーク(エアドライ・キャットフード ベニソン)

ニュージーランドの広大な土地で育った、高タンパクな鹿肉が主原料のキャットフードです。

レバー・トライプ・ハート・ラング・キドニーなど鹿肉の内臓もふんだんに使われているため、タンパク質の含有量はなんと45%以上。

これは全てのキャットフードの中でもトップクラスの数値です。

また、健康を維持するために必要不可欠な栄養素、ミネラルが豊富なのも嬉しいポイントです。

配合されている酸化防止剤は自然由来の成分で、炭水化物や穀物は不使用となっています。

脂質が25%を超えているので、肥満気味の猫に与える場合は量に気をつけましょう。

・フィーライン ナチュラル(チキン&ベニソン・フィースト)

猫にとって本当に必要な栄養素を配合するため、食材の新鮮さを追求しているフィーラインナチュラル。

「チキン&ベニソン・フィースト」には主原料として鹿肉と鶏肉が使用されています。

低脂肪・低カロリーの鹿肉と、タンパク質が豊富に含まれる鶏肉。

この2つを上手くミックスすることによって栄養価の高さとヘルシーさを両立させています。

穀物や人工添加物が入っていないため安全性が高いです。

熱は加えず水分を飛ばすことによって作るフリーズドライ食品なので、加工の段階で栄養が損なわれることがありません。

また、ふやかして食べることが出来るため子猫や高齢猫にも与えやすくなっています。

・クプレラ(ベニソン&スイートポテト・キャットフード)

抗生物質や添加物などを与えずに育てた、健康的な鹿肉を主原料とするキャットフードです。

原産国はオーストラリアで、炭水化物は栄養価の高いサツマイモを使用しています。

鹿肉だけでなく数種類の白身魚が入っており、タンパク質は全体の31%以上です。

穀物を一切使用していないグレインフリーなので穀物アレルギーを引き起こす心配がありません。

また、オーガニックの食材やハーブが使用されているため、安全で低アレルギーの商品となっています。

脂肪分が約10%しかないので肥満体質の猫にもオススメです。

・アディクション(ビバ・ラ・ベニソン)

いろんな分野の専門家が集結して作られた、アディクションのキャットフード。主原料はニュージーランドで飼育された高品質な鹿肉です。

動物性タンパク質は鹿肉だけを使用しています。そのため、鶏肉・牛肉・豚肉・ラム肉・魚などにアレルギー反応を起こす猫でも問題なく食べることが出来ます。

また、鹿肉はカロリーが低い食材なので猫の肥満対策にも効果的です。

野菜・フルーツ・豆類がたっぷり含まれており、栄養バランスの良さも魅力の一つです。

穀物や、人工的に作られた香料・着色料・防腐剤などが一切配合されていないので安心して与えられる商品となっています。

鹿肉(ベニソン)が主原料のキャットフード、オススメの理由と注意点

 ・オススメの理由

動物性タンパク質とDHAの両方を摂取できるのが一番の魅力です。

キャットフードの主原料として使われることの多い鶏肉・七面鳥・ラム肉は鹿肉と同様に高タンパクな食材ですが、残念ながらDHAは含まれていません。

また、鹿肉は猫が健康を保つために必要なビタミン・ミネラルも豊富に含んでいるため、まさにスーパーフードといえるでしょう。

脂肪分が少なくカロリーも抑えられるので、肥満体型の猫にオススメです。

・注意点

マイナス点を挙げるとすれば、値段です。鹿肉は鶏肉のように量産することが出来ないので、どうしても高くなってしまいます。

キャットフードは毎日与え続けるものですから、あまりにも高価な商品は手を出しにくいですよね。

しかし栄養面を考えれば本当に素晴らしいので、ぜひ一度試してもらいたいです。

もし続けるのが厳しいようであれば、他のキャットフードと交互に与えるのも良いと思います。

健康はお金では買えませんし、劣悪な商品は病気を引き起こす原因にもなります。良質なキャットフードで愛猫の健康を守りましょう。

アカナ

アカナ レオジナルシリーズは、肉の量・種類・新鮮さを追求したキャットフードです。

原料のちがった3種類の商品があります。

  • 放し飼いの鶏肉七面鳥肉全卵天然魚をたっぷりの『ワイルドプレイリー』
  • ノースバンクーバー島から新鮮または生の状態で搬送される天然ニシンイワシカレイシルバーヘイクメバルを豊富な『パシフィカ』
  • ラム肉、放し飼いの鴨肉、巣に産み落とされた天然淡水魚をたっぷり『グラスランド』

どの味も穀物不使用(グレインフリー)、でアレルギー対策がしっかりされています。

「アカナ」世界中のペットラバーズから信頼を得ているバイオロジックフードです。

 アカナ(ワイルドプレイリー)
価格 ¥5,011
1kgあたり ¥2,784
カロリー 410cal/100g
メイン食材 チキン
生産国 カナダ
酸化防止剤 ビタミンE
着色料 不使用
保存料 不使用
穀物 不使用
対応年齢 全年齢
賞味期限 常温未開封で製造日より15ヶ月
販売元 チャンピオンペットフーズ社
成分分析
粗タンパク質(以上) 37%
粗脂肪(以上) 20%
粗繊維(以下) 3%
灰分(以下) 7%
水分(以下) 10%
カロリー 410cal/100g
原材料一覧 新鮮鶏肉(9%)、新鮮七面鳥肉(9%)、新鮮鶏内臓(レバー、ハツ、腎臓) (9%)、鶏肉ミール(8%)、七面鳥肉ミール(8%)、丸ごとニシンミール(8%)、丸ごとグリンピース、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとヒヨコ豆、鶏脂肪(5%)、新鮮全卵(4%)、新鮮天然ウォールアイ(4%)、新鮮天然トラウト(4%)、新鮮七面鳥内臓(レバー、ハツ、腎臓) (4%)、丸ごと緑レンズ豆、丸ごとピント豆、丸ごとイエローピース、タラ油(2%)、日干しアルファルファ、乾燥鶏軟骨(1%)、乾燥ブラウンケルプ、新鮮カボチャ、新鮮バターナッツスクワッシュ、新鮮パースニップ、新鮮グリーンケ―ル、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮カブラ菜、新鮮ニンジン、新鮮レッドデリシャスリンゴ、新鮮バートレット梨、フリーズドライレバー(鶏と七面鳥)(0.1%)、新鮮クランベリー、新鮮ブルーベリー、チコリー根、ターメリックルート、オオアザミ、ごぼう、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ

 

-食材別おすすめ

Copyright© キャットフードマニア , 2021 All Rights Reserved.