食材別おすすめ

鶏肉(チキン)でおすすめのキャットフード

更新日:

pudding8_8 / Pixabay

現在販売されているキャットフードの大半は、鶏肉(チキン)を主原料としています。

鶏肉を使っているキャットフードにはどのような特徴があるのか、そしてどのような商品が販売されているのかについてご紹介します。

鶏肉(チキン)メインのキャットフード、その特徴は?

・猫の食いつきが良い

猫は匂いに敏感な動物です。キャットフードの好き嫌いも、基本的に匂いを嗅いで決めています。

鶏肉は猫が好む匂いを強く発する食材であるため、食いつきが良くなります。

また、野生の猫は昔から鶏肉を自分で狩って生きてきました。

そのため馴染みのある鶏肉の匂いに対し、「自分の体に必要なもの」という好意的な反応をしやすいのです。

たとえ配合量が少なくても、成分表に「鶏肉」または「チキン」という表記があるキャットフードを選べば喜んで食べてくれるでしょう。

・栄養が豊富

猫は肉食動物です。肉食動物にとって一番大事な栄養素はタンパク質だといわれています。

鶏肉は良質な動物性タンパク質であるため、猫に適した食材です。

もちろん鶏肉に含まれる栄養素は他にもたくさんあり、ビタミン・リン・セレンなどを効果的に摂取することが出来ます。

ビタミンは皮膚を正常に保ったり、細胞の新陳代謝を促す役割を持っています。

リンはカルシウム・マグネシウムとくっつくことで、健康的な骨や歯の形成を行います。

あまり聞き慣れないセレンという栄養素には抗酸化作用があり、胃腸の機能を助けたり老化を遅らせる効果が期待できます。

・肥満のリスクが低い

キャットフードの主原料は肉だけではありません。

穀物をメインの食材として使用している商品も多く存在します。

安く仕入れることができ加工も簡単であることから、利益重視のメーカーは穀物を好む傾向にあります。

しかし穀物は炭水化物であるため、血糖値を上昇させやすいです。

それによって肥満になったり、最悪の場合は糖尿病になる危険性もあるのです。

人間の場合は炭水化物の前に野菜やフルーツを食べれば、血糖値の急激な上昇を抑えることが出来ます。

しかし猫はキャットフードしか食べませんから、穀物メインの商品を選んでしまうと病気のリスクを高めてしまうというわけです。

その点、鶏肉はタンパク質なので過剰摂取さえしなければ問題ありません。

鶏肉(チキン)メインのキャットフード、おすすめ商品4選

・カナガン

原材料の半分以上が鶏肉という、動物性タンパク質を豊富に含んだキャットフードです。

穀物を使っていないグレインフリーの商品であり、炭水化物は胃腸に優しいサツマイモを使用しています。

その他の原料も猫の健康を意識した無害なものばかりなので、安心して食べさせることが出来ます。

人工添加物が入っていないのも嬉しいポイントです。

ちなみに使用されているのは、平たい地面のうえで放し飼いをされて育った鶏です。

小さい鶏舎内で育てられた鶏と比べてストレスフリーで、運動量も多いです。そのためカナガンは良質なタンパク質が摂れる安全なキャットフードといえるでしょう。

カナガン キャットフード

「カナガン」は、イギリス産のチキンを60%以上使用し、穀物不使用(グレインフリー)のイギリス産高級キャットフードです。

目・心臓・肝臓の健康を保ち、成長や生殖機能に働きかけるタウリンたっぷり 2,200mg/kg 配合。

人や犬と違って、猫は体内でタウリンを作ることができないので、食べ物から摂取しないと「タウリン欠乏症」になってしまい、目や心臓の病気になってしまうこともあるそうです。

野菜やハーブが配合されていてヘルシー。国際規格「SAI GLOBAL」クラスA取得工場で製造

グレインフリーなので、アレルギー対策もバッチリ

カナガンは猫ちゃんの健康をしっかり考えたキャットフードです。

徹底した品質管理で産地のイギリスから直輸入されるのでペットショップやホームセンターでは売っていません。

公式サイトから「定期コース」で申し込むと最大20%OFFや購入額によって送料や代引手数料が無料になります。

とびきりの美味しさとベストな栄養バランスを目指したカナガンキャットフード。

シニアから子猫まで全ての猫ちゃんにオススメのキャットフードです。

価格 ¥3,960
1kgあたり ¥2,640
カロリー 390kcal/100g
メイン食材 チキン
生産国 イギリス
酸化防止剤 ビタミンE
着色料 不使用
保存料 不使用
穀物 不使用
対応年齢 全年齢
賞味期限 常温未開封で製造日より18ヶ月
販売元 株式会社レティシアン
成分分析
粗タンパク質(以上) 37%
粗脂肪(以上) 20%
粗繊維(以下) 2%
灰分(以下) 9%
水分(以下) 7%
カロリー 390kcal/100g
原材料一覧 乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

 

・アカナ(ワイルドプレイリー)

タンパク源は鶏肉だけでなく、脂肪の少なさが魅力の「七面鳥(ターキー)」や血液の循環を良くするDHAが豊富に含まれる「ニシン」も使用されています。

穀物を一切配合していないため、穀物アレルギーを起こす心配がありません。また、保存料も不使用なので安心して食べさせられます。

アカナ

アカナ レオジナルシリーズは、肉の量・種類・新鮮さを追求したキャットフードです。

原料のちがった3種類の商品があります。

  • 放し飼いの鶏肉七面鳥肉全卵天然魚をたっぷりの『ワイルドプレイリー』
  • ノースバンクーバー島から新鮮または生の状態で搬送される天然ニシンイワシカレイシルバーヘイクメバルを豊富な『パシフィカ』
  • ラム肉、放し飼いの鴨肉、巣に産み落とされた天然淡水魚をたっぷり『グラスランド』

どの味も穀物不使用(グレインフリー)、でアレルギー対策がしっかりされています。

「アカナ」世界中のペットラバーズから信頼を得ているバイオロジックフードです。

 アカナ(ワイルドプレイリー)
価格 ¥5,011
1kgあたり ¥2,784
カロリー 410cal/100g
メイン食材 チキン
生産国 カナダ
酸化防止剤 ビタミンE
着色料 不使用
保存料 不使用
穀物 不使用
対応年齢 全年齢
賞味期限 常温未開封で製造日より15ヶ月
販売元 チャンピオンペットフーズ社
成分分析
粗タンパク質(以上) 37%
粗脂肪(以上) 20%
粗繊維(以下) 3%
灰分(以下) 7%
水分(以下) 10%
カロリー 410cal/100g
原材料一覧 新鮮鶏肉(9%)、新鮮七面鳥肉(9%)、新鮮鶏内臓(レバー、ハツ、腎臓) (9%)、鶏肉ミール(8%)、七面鳥肉ミール(8%)、丸ごとニシンミール(8%)、丸ごとグリンピース、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとヒヨコ豆、鶏脂肪(5%)、新鮮全卵(4%)、新鮮天然ウォールアイ(4%)、新鮮天然トラウト(4%)、新鮮七面鳥内臓(レバー、ハツ、腎臓) (4%)、丸ごと緑レンズ豆、丸ごとピント豆、丸ごとイエローピース、タラ油(2%)、日干しアルファルファ、乾燥鶏軟骨(1%)、乾燥ブラウンケルプ、新鮮カボチャ、新鮮バターナッツスクワッシュ、新鮮パースニップ、新鮮グリーンケ―ル、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮カブラ菜、新鮮ニンジン、新鮮レッドデリシャスリンゴ、新鮮バートレット梨、フリーズドライレバー(鶏と七面鳥)(0.1%)、新鮮クランベリー、新鮮ブルーベリー、チコリー根、ターメリックルート、オオアザミ、ごぼう、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ

 

・アーテミス(フレッシュミックス)

多くの国で愛されている、アメリカ産のキャットフードです。

幼猫から成猫までに対応した「フィーライン」と、高齢猫に適した「ウェイトマネージメント&シニアキャット」という2種類の商品があります。

フレッシュミックスは、人間でも食べられるほどの品質を維持しています。

主原料は新鮮な鶏肉ですが、魚肉も含まれているため動物性タンパク質を多く摂取することが出来ます。

使用されている食材が非常に多く、猫の体に必要な栄養素をこのキャットフードだけでしっかり補えます。

メーカー独自の製造方法を採用しており、消化に必要な酵素が熱によって失われないようになっています。そのため必要な栄養素を胃腸でしっかり吸収できます。

・オリジン(キャット&キティ)

動物性タンパク質をたっぷり配合しているオリジンは、猫の健康を何よりも大事に考えているメーカーです。

穀物は一切使っておらず、炭水化物は必要最低限の量だけ含んでいます。

また、カボチャ・ケール・ほうれん草・リンゴ・梨などビタミンやミネラルを豊富に含む野菜&フルーツをふんだんに使用しています。

特にリンゴと梨は丸ごと配合されているのでキャットフードの栄養価が高くなっています。

食材を加工する工場は人間の食品と同程度の厳しい基準を満たしており、栄養価を損なわないような機器が採用されています。

人工添加物を使用していない安心・安全のキャットフードです。

鶏肉(チキン)が主原料のキャットフード、オススメの理由と注意点

・オススメの理由

鶏肉の匂いで猫の食欲をそそり、食いつきを良くしてくれます。

猫に必要な動物性タンパク質やビタミンなどを豊富に含んでいるため体を健康に保つことが出来ます。

消化しやすく、胃腸への負担も少ないです。また、穀物よりも食後の血糖値が上がりにくいため肥満や糖尿病になるリスクが抑えられます。

・注意点

匂いがきつめの商品もあるので、キャットフードの匂いが苦手な人にとっては辛いかもしれません。

どうしても気になる場合は鶏肉の配合量が少ない商品を選ぶと良いでしょう。

また、中には品質の悪い食材を使っているメーカーもあります。

人間が食べられないような粗悪品は猫にとっても良くありません。

キャットフードを探す際は、必ず鶏肉の産地・飼育環境・製造方法など、具体的な明記があるか確認してみて下さい。

曖昧な書き方や、地名・数字などが記載されていないものは避けるのが賢明でしょう。

お肉は新鮮さが重要ですから、必ず細かいところまでチェックして、納得したうえで購入する必要があります。

-食材別おすすめ

Copyright© キャットフードマニア , 2021 All Rights Reserved.