食材別おすすめ

子羊(ラム肉)でおすすめのキャットフード

更新日:

JACLOU-DL / Pixabay

子羊肉(ラム肉)と聞いて、どのようなことを思い浮かべますか?

もしかしたら多くの人が「臭みが強い」というイメージを持っているかもしれませんね。

しかし臭いがきついのはジンギスカンなどの羊肉であり、ラム肉は意外と食べやすい食材なんです。

今回は、ラム肉を主原料としているキャットフードの特徴と、オススメ商品をご紹介します。

子羊(ラム肉)メインのキャットフード、その特徴は? 

 ・栄養バランスが良い

ラム肉には、必須アミノ酸が豊富に含まれています。

必須アミノ酸とは体内で合成できない、もしくは合成に時間がかかるため食物から取り入れなければならない成分のことです。

必須アミノ酸が1種類でも欠けてしまうと、生物はそれを含むタンパク質を合成することが出来ず他のアミノ酸は無駄に排出されてしまいます。

また、疲労回復・皮膚の保護・貧血予防に効果的なビタミンやミネラルも配合されているラム肉は、猫の健康食としてオススメの食材です。

・肥満予防&改善に効果が期待できる

ラム肉は七面鳥や鹿肉と同様に、高タンパク・低脂質・低カロリーの獣肉です。

そのため、摂取することによって適度に引き締まった健康的な体を作ることが出来ます。

また、ラム肉にはカルニチンが多く含まれています。

カルニチンとは全ての生物組織に存在する、脂肪酸の代謝に必要な成分です。

分かりやすくいうと、カルニチンがあることによって代謝が上がり、余分な脂肪を燃焼させられるのです。

・アレルギーになりにくい

人間だけでなく、猫にもアレルギーが存在します。

小麦やトウモロコシが原因の穀物アレルギーが有名ですが、動物性タンパク質が引き金となって発症するケースもあります。

猫は本来、狩りをする肉食動物です。そのため、一番のエネルギー源は動物性タンパク質だといえます。

しかし脂質が原因で引き起こされるアレルギーのせいで、獣肉の摂取に制限が必要な猫もいるのです。

そこでオススメしたいのがラム肉です。

ラム肉は脂質量が少ない獣肉なので、アレルギー体質であっても問題なく食べられる可能性があります。

また、ビタミンの作用によって、アレルギー症状の緩和も期待できます。

子羊(ラム肉)メインのキャットフード、おすすめ商品4選

・クプレラ(クラシック・ラム&ミレット)

オーストラリア産のラム肉を主原料とするキャットフードです。

子羊を育てる際、餌には添加物を使用していません。ギンヒラスやシロギスといった魚も贅沢に使われており、タンパク質は20%以上になっています。

また、脂肪分が約8%という低さなのでヘルシーです。

ビタミンやミネラルは天然の素材から抽出されているため安心です。

小麦やトウモロコシではなく、消化しやすい玄米とキビが使用されています。

必要な栄養素がバランスよく配合されており、子猫から高齢猫までオールステージに対応している便利な商品です。

・ジウィピーク(エアドライ・キャットフード・ラム)

配合成分のうち98%が肉と魚介類である、ジウィピークのエアドライ・キャットフード・ラム。

世界でもトップクラスの飼育環境を誇る、ニュージーランドの草原で育ったラム肉が使用されています。

生肉にこだわっており、常に新鮮な状態で加工段階に入るため鮮度が良いです。

酸化防止剤はミックストコフェロールという天然由来の成分です。

タンパク質は36%を超えており、ビタミン・ミネラルも十分な量が摂取できます。

穀物を使用していないグルテンフリーの商品で、遺伝子組み換えの食材は一切使われていません。

・SGJプロダクツ(プレミアム・キャット)

オーストラリアで飼育されたラム肉を使用したキャットフードです。

ラム肉の他には、安全な海域で水揚げされたギンヒラス・トビウオ・マダイが入っており、タンパク質の含有量は31%以上となっています。

保存料不使用の穀物として、ひきわり玄米やひきわり大麦が配合されています。

これらはアレルギーを起こしにくいとされる食材なので、安心して食べさせることが出来ます。

オイルはオーガニック製品であるカノラオイルが使われているためヘルシーです。

また、香料として天然のハーブが使用されています。

・フィーラインナチュラル(チキン&ラム・フィースト)

ニュージーランド産の自然派キャットフード、フィーラインナチュラル。

その中でも「チキン&ラムフィースト」は、ラム肉と鶏肉をたっぷり配合した高タンパクな商品です。

人間でも食べられるくらいの高い基準をクリアした鶏肉が使われています。

全てのライフステージに対応しているため、多頭飼いをしている人にもオススメです。

フリーズドライという特殊な製法で作られているため、水またはぬるま湯を加えると柔らかくなります。

高齢で歯が抜けてしまった猫にも食べさせやすいです。グレインフリーなので穀物アレルギーを引き起こす心配もありません。

子羊(ラム肉)が主原料のキャットフード、オススメの理由と注意点

 ・オススメの理由

ラム肉は栄養バランスが良く脂質が少ない、さらにはアレルギーも引き起こしにくいという魅力的な食材です。

肥満の予防&改善に効果が期待できますし、ビタミン・ミネラルの力で病気にもかかりにくくなります。

穀物・合成着色料・甘味料・防腐剤などが使われていない商品を選べば、キャットフードによる健康管理はバッチリです。

・注意点

商品名に「ラム」という文字が入っていると、ラム肉が主原料のキャットフードだと思いますよね。

しかし中にはラム肉をほとんど使用していない商品も存在します。

獣肉の内臓が大量に配合されていたり穀物・炭水化物でカサ増しされていることがあるので注意が必要です。

他にも、人間が口に出来ないような質の悪いラム肉が使われている商品もあります。

購入の前に必ず成分表示を確認するようにして下さい。

-食材別おすすめ

Copyright© キャットフードマニア , 2021 All Rights Reserved.