おすすめ商品情報

イギリス最高級品!モグニャンキャットフードの実力とは

更新日:

haikuotuwen / Pixabay

キャットフードをどれにするかは飼い主さんの常の悩みです。

しっかり食べてくれるかどうか、栄養素が足りているか、価格はお手頃か、健康的かどうかなどのバランスで選んでいると思います。

そこでとにかく猫の健康に配慮したキャットフードとして人気なのがモグニャンです。

ここではモグニャンの原材料やその特徴を紹介していきたいと思います。

モグニャンキャットフードの特徴

基本的に日本人は国産のものに安心を感じますが、キャットフードに関しては海外のものの方が高品質で安全性が高いという場合があります。

モグニャンは生産しているのが国際規格であるSAI GLOBALで非常に高ランクであるランクAを取得し、イギリスの州議会とイギリス小売協会にも認められているイギリスの施設です。

そのため安全性には絶対の評価がつけられています。

また、販売会社であるレティシアンが責任を持って公表している通り、原材料に「人間でも食べられるレベルのもの」しか使用していないというこだわりです。

高たんぱくの魚を中心に作られており、しかも完全無添加です。

猫の消化には良くないとされる穀物が含まれていないグレインフリーということもあり、猫の健康に寄り添って考えられています。

魚を食べ過ぎるとなる病気があると聞いて不安になる人もいるようです。

これは青魚に多く含まれている不飽和脂肪酸が空気に触れて酸化することで起こるものです。

これが起こると「イエローファット(黄色脂肪症)」という病気になるとされているのですが、モグニャンに含まれている魚は白身魚がメインのためにそれほど影響はありません。

また、酸化を防ぐとされているビタミンEが成分として含まれていますのでそれも安心です。

モグニャンキャットフードの原材料

以下モグニャンキャットフードに含まれている成分です。

白身魚63%、サツマイモ、豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル、ビタミン類、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、セイヨウタンポポ

(モグニャンキャットフード公式ホームページより:https://www.mognyancatfood.co.jp/cart

成分を見ればわかりますが、とにかく高品質です。

良質な動物性たんぱく質を摂取できる白身魚や野菜、果物などを含み、油脂に関しても天然由来の成分のために猫の肥満なども防いでくれます。

グレインフリーに加えて無添加で、合成着色料や香料なども使用されていません。もちろん4Dミールなどの粗悪な原材料も含まれていません。

次に含まれている成分です。

粗たんぱく質30.00%、脂質16.00%、粗繊維3.00%、粗灰分 6.00%、水分7.00%、オメガ6脂肪酸2.95%、オメガ3脂肪酸2.08%、カルシウム0.62%、リン0.53%、ナトリウム0.30%、マグネシウム0.12%、代謝エネルギー374kcal/100g

(モグニャンキャットフード公式ホームページより:https://www.mognyancatfood.co.jp/cart

少しカロリーは高めですが、他に問題となる成分は含まれていません。

これらの成分からモグニャンは現在販売されているキャットフード数十種類の中でもトップランクの安全度が評価されています。

モグニャンキャットフードのQ&A

Q  モグニャンにキャットフードを変えたところ、あまり食べてくれないのですが

A  おそらく今までに鶏肉がメインに使用されているキャットフードを食べさせていたのではないでしょうか。

猫は敏感で繊細な生き物のため、急に食事のにおいが変わると警戒して食べないということがあります。

いきなりすべてを変えてしまうのではなく、少しずつ混ぜながら変えていくとスムーズに変えていけます。

Q モグニャンを食べているとアレルギーが治ると聞いたのですが本当ですか?

A  モグニャンは療養食ではないので、モグニャンを食べてアレルギーが治癒するということはありません。

しかし今までが穀物が含まれているものや、粗悪な油脂、人工の化学添加物などが含まれているものを食べさせていてアレルギーが出ていたとしたら、グレインフリーで無添加のモグニャンに変えたことでアレルギー反応が起こらなくなっているのかもしれません。

Q モグニャンは猫の毛艶に関しても良いのでしょうか?

A 猫の毛艶を気にする場合は毛艶を良くするオメガⅢ脂肪酸が含まれているフードが良いとされています。

オメガⅢ脂肪酸は青魚や白身魚に多く含まれているものですので、魚系をメインの原材料にしているモグニャンは毛艶を良くするのには適していると言えます。

Q モグニャンは子猫や病気中の猫でも食べさせることができますか?

A まずモグニャンはグレインフリーで無添加なので子猫でも安心して食べさせることができます。

これは消化器官に負担をかけないという成分のためです。もし子猫が食べにくいようでしたら、少しふやかして柔らかくしたり、ミルクと混ぜても良いでしょう。

また、病気中の猫でも栄養価が高いために食べさせることはできますが、あくまでも療養食ではないことは注意が必要です。

猫の病気も様々ですので、その病気の治療に適した療養食を食べさせることをおすすめします。

病気が治れば、食べさせることは体力をつけるという意味でもまったく問題はありません。

モグニャンキャットフード

人間も食べられるほど上質で新鮮な食材を使用し、 愛猫の食欲をそそる抜群の香りと味わいを追求した「モグニャンキャットフード」

白身魚のスケトウダラを原材料に使い、袋を開けた瞬間から香ばしい香りが猫ちゃんの食欲をそそります。

美味しいだけじゃなく、高タンパクで脂肪分が控えめ、さらに身体に負担になる穀物は使用していないので、猫ちゃんの健康に大貢献します。

原材料は、

  • 赤ちゃんの離乳食にも使われほど安全で上質な「白身魚
  • 身体の調子を整えて活力維持をサポートする「リンゴ
  • 毎日のスッキリをサポートする「カボチャ
  • 身体のバランスを整える「クランベリー
  • 上質な炭水化物と食物繊維を含んだ「サツマイモ
  • 必須脂肪酸を含んだ「サーモンオイル
  • ハーブティーにも使われ、健康維持のための「セイヨウタンポポ

厳選された食材と栄養バランスで、生まれたばかりの赤ちゃん猫からシニア猫までオールステージに対応しています。穀物は使用せず、人工添加物や着色料も使われていないので、アレルギー体質の猫ちゃんでも安心です。

「ペットオーナー様の願いに寄り添う本当のフードを作りたい。」という思いから開発されたモグニャンキャットフードは、栄養たっぷりのプレミアムフードです。

価格 ¥3,960
1kgあたり ¥2,640
カロリー 374kcal/100g
メイン食材 白身魚
生産国 イギリス
酸化防止剤 ビタミンE
着色料 不使用
保存料 不使用
穀物 不使用
対応年齢 全年齢
賞味期限 常温未開封で製造日より18ヶ月
販売元 株式会社レティシアン
成分分析
粗タンパク質(以上) 30%
粗脂肪(以上) 16%
粗繊維(以下) 3%
灰分(以下) 6%
水分(以下) 7%
カロリー 374kcal/100g
原材料一覧 白身魚63%、サツマイモ、エンドウ豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル、ビタミン(A, D, E)、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、セイヨウタンポポ

 

-おすすめ商品情報

Copyright© キャットフードマニア , 2021 All Rights Reserved.