豆知識

キャットフードのおすすめ成分とは!何を基準に選んでますか?

更新日:

NatashaG / Pixabay

みなさんはキャットフード選びをするとき何を基準に選んでいますか?

猫の好み、パッケージの可愛さ、量、価格でしょうか。

販売されているキャットフードの成分に注目してみてください。

実はキャットフードの中には、猫の健康に良いとは言い難いものが含まれている場合があるんです。

重要なのはキャットフードの箱、パッケージに記載されているフードに含まれている原材料、成分をしっかりと確認することです。

猫の健康のためにも、良くない原材料を使っているものを選ばないようにしましょう。

一般的なキャットフードの成分とは

猫は本来肉食動物のために人間のように穀物を消化する酵素を持っておらず、しっかりと消化することができません。

そのため人間には食料の中心となる穀物は猫には不要のものなのです。消化できない穀物を摂取していると病気の原因になります。

しかし小麦や大麦、コーン、米、玄米などの穀物が多く含まれているキャットフードがあります。

これらはキャットフードの量自体を増すために含まれているもので、安く大量にするために使用されているのです。

それらのなかでも特に「大豆」が含まれているものには気を付けましょう。

キャットフードに含まれているのは「大豆ミール」などと表記があるもので、実際には大豆の栄養素を取った後の搾りかすです。

これは何の栄養もないだけでなく、猫が摂取すると体内でガスを発生させて血管を圧迫する非常に危険なものです。

安くて劣悪なフードに含まれることがあるので注意が必要です。

猫にとって良い主成分は肉や魚などの良質な動物性たんぱく質が摂取できるものです。

できる限りこういったものが主成分のものを選ぶようにしましょう。

注意すべき添加物

・ミートミール

これは一見「肉」のように見えますが、実際は動物の内臓や骨などの栄養がほとんど含まれない動物性たんぱく質です。

そのため食べても消化が悪く、しかも栄養がないというものです。

パッケージの表記に「肉類」のように曖昧に書かれている場合は気を付けましょう。

はっきり「鶏肉」「サーモン」のように具体的に書かれているものを選ぶことが大事です。

・ビートパルプ

これも一見すると食物繊維のように見えるので、良いものかと思ってしまいがちです。

ビートとは北海道で栽培されている甜菜(てんさい)のことで砂糖の原料になります。

沖縄のサトウキビのような存在で、ぱっと見は大きな大根、カブのように見えます。

ここから砂糖をとるために糖分や栄養素を絞り出して残ったカスがビートパルプです。

すでに栄養素は取られているために何の栄養もなく、むしろ処理される際に薬剤が使われていたりするために猫の体には毒です。

質の悪い食物繊維のために便が硬くなって便秘の原因にもなります。

・動物性油脂

生き物には油は必要なものです。皮膚が乾燥することを防ぎ、体温を維持するのにも役立ちます。

しかしそれを「どこから取ったのか」が重要になります。

「鶏油脂」のように何から取ったものかがはっきり書かれていれば良いのですが、単純に「動物性油脂」と書かれてある場合は何から取ったものかわかりません。

劣悪な油を摂取しているとこれも病気の原因になります。

「ひまわり油」のように天然由来の成分の方がはるかに安心できます。

・保存剤、着色料、酸化防止剤

キャットフードでも容量の大きい袋などで販売されているものは、食べきるのに数週間~数か月かかる場合があります。

そうなると当然保存剤を入れる必要がでてきます。

着色料は単純にフードの見た目を良くするもので、それ自体に何の栄養もなく、猫にとっては害しかありません。

酸化防止剤はキャットフードが酸化しないために含まれているものです。

種類によっては人間などが食べるものには使用禁止となっている成分も多く、猫にはかなりの害になると言えます。

発がん性がある物質もありますので、できる限り避けるようにしましょう。

猫に必要な栄養素とは

猫には動物性のたんぱく質、動物性油脂、ミネラルなどが必要となります。

特にエネルギーのもととなるたんぱく質は良質のものが必要です。

ビタミンやミネラル、食物繊維が不足すると便秘や下痢、脱水症状などを起こす原因になります。

猫は消化器系統の病気になりやすい動物です。

食物繊維は多すぎると下痢になり、少ないと便秘になります。適量を与えるようにしなくてはいけません。

ミネラル分が不足してくると毛艶が悪くなったり、毛が抜けたりすることがあります。

抜け毛が多すぎるのは毛玉の原因にもなりますので、栄養バランスが重要になってきます。

まとめ

普段は総合栄養食として「ドライフード」を与えるのが良いでしょう。

ただ、ドライフードだけだと水分不足になることが多くありますので、水分が足りていなさそうなときは「ウェットフード」を与えるのも必要です。

おやつ用として与えるものもありますが、大事なのは全体的なバランスです。

与えすぎるとカロリーオーバーになって肥満になります。

何が足りていないかを考えながら栄養や水分を与えることが必要です。

キャットフードのパッケージに記載されているものをしっかりと確認すること。

肉や魚がメインの成分のもので、他の栄養素もできる限り天然由来の成分であるものを選んで猫の健康を維持していきましょう。

シンプリー

「シンプリー」は、サーモン配合率53%以上!

動物栄養学者が考えたグレインフリー(穀類不使用)キャットフードです。

サーモン・ニシン・マスなどの高品質タンパク質73%配合で栄養コントロールと健康管理がしっかりできます。

シンプリーに含まれるクランベリーに含まれるキナ酸は、体のコンディションを安定させ尿管結石予防に効果的。

オリゴ糖・食物繊維が豊富で、毎日のスッキリをサポートします。

穀類を使用せず、消化の良いサツマイモや、ビタミンや鉄分を多く含むニンジンりんごほうれん草を加え、健康維持を手助けします。

シンプリーキャットフードは、肉食である猫に「食事」の満足感を与えるたっぷりの魚と、栄養バランスを維持できるよう野菜や海藻を配合

本来の生態にあった「猫らしい食生活」を追求しつつ、栄養バランスにも配慮したキャットフードです。

価格 ¥3,960
1kgあたり ¥2,640
カロリー 380kcal/100g
メイン食材 サーモン
生産国 イギリス
酸化防止剤 ビタミンE
着色料 不使用
保存料 不使用
穀物 不使用
対応年齢 全年齢
賞味期限 常温未開封で製造日より18ヶ月
販売元 株式会社レティシアン
成分分析
粗タンパク質(以上) 37%
粗脂肪(以上) 20%
粗繊維(以下) 2%
灰分(以下) 10%
水分(以下) 7%
カロリー 380kcal/100g
原材料一覧 骨抜き生サーモン(31%)、さつまいも、乾燥ニシン(12%)、乾燥サーモン(11%)、じゃがいも、サーモンオイル(8.1%)、乾燥白身魚(6.5%)、生マス(4.65%)、サーモンスープ(2.3%)、ミネラル、ビタミン、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、りんご、にんじん、ほうれん草、海藻、カモミール、ペパーミント、マリーゴールド、アニスの実、フェヌグリーク

 

モグニャンキャットフード

人間も食べられるほど上質で新鮮な食材を使用し、 愛猫の食欲をそそる抜群の香りと味わいを追求した「モグニャンキャットフード」

白身魚のスケトウダラを原材料に使い、袋を開けた瞬間から香ばしい香りが猫ちゃんの食欲をそそります。

美味しいだけじゃなく、高タンパクで脂肪分が控えめ、さらに身体に負担になる穀物は使用していないので、猫ちゃんの健康に大貢献します。

原材料は、

  • 赤ちゃんの離乳食にも使われほど安全で上質な「白身魚
  • 身体の調子を整えて活力維持をサポートする「リンゴ
  • 毎日のスッキリをサポートする「カボチャ
  • 身体のバランスを整える「クランベリー
  • 上質な炭水化物と食物繊維を含んだ「サツマイモ
  • 必須脂肪酸を含んだ「サーモンオイル
  • ハーブティーにも使われ、健康維持のための「セイヨウタンポポ

厳選された食材と栄養バランスで、生まれたばかりの赤ちゃん猫からシニア猫までオールステージに対応しています。穀物は使用せず、人工添加物や着色料も使われていないので、アレルギー体質の猫ちゃんでも安心です。

「ペットオーナー様の願いに寄り添う本当のフードを作りたい。」という思いから開発されたモグニャンキャットフードは、栄養たっぷりのプレミアムフードです。

価格 ¥3,960
1kgあたり ¥2,640
カロリー 374kcal/100g
メイン食材 白身魚
生産国 イギリス
酸化防止剤 ビタミンE
着色料 不使用
保存料 不使用
穀物 不使用
対応年齢 全年齢
賞味期限 常温未開封で製造日より18ヶ月
販売元 株式会社レティシアン
成分分析
粗タンパク質(以上) 30%
粗脂肪(以上) 16%
粗繊維(以下) 3%
灰分(以下) 6%
水分(以下) 7%
カロリー 374kcal/100g
原材料一覧 白身魚63%、サツマイモ、エンドウ豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル、ビタミン(A, D, E)、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、セイヨウタンポポ

 

-豆知識

Copyright© キャットフードマニア , 2021 All Rights Reserved.