豆知識

猫にストレスを与えない!快適な生活環境と食事のあげ方とは

更新日:

aching / Pixabay

猫は些細なことでもストレスを感じやすい生き物です。

食事が自分の好みに合わない、食べる器が気に入らない、場所が気に入らないといった要因があると食事をしなかったりします。

適切な食事を適切な量食べさせることは猫の健康状態を維持するのにも非常に重要なことです。

実際に体調を崩して動物病院などに行っても、獣医さんからは「ストレスを感じさせない生活環境を作ってください」と指示をされます。

そこで猫がストレスを感じないような食事、生活環境とはどのようなものかについて述べていきたいと思います。

猫にとって快適な部屋環境とは

まず住居に関してですが、よく室内で猫を飼う際にはフローリングなどのツルツルとした硬い材質のところで飼っています。

これは何よりも掃除や消毒などが便利なためですが、猫は柔らかくて暖かいところを好みます。

すべてをそうする必要はありませんが、猫がくつろぐところには柔らかいものを敷くようにしましょう。

また一匹ではなく、他の犬や猫と一緒に飼っている場合には特に注意が必要です。

猫は自分が寝ようとしているのを邪魔されたり、食事をしようとしているのを邪魔されるとかなりストレスを溜めます。

また、トイレを使おうとしているときに他の猫が使用していたりするとトイレを我慢したりするようになり、膀胱炎や便秘の原因にもなります。

他のペットとの間にストレスを感じていないかどうかに気を付けましょう。

入っても良い場所と入ってはいけない場所の区別をしておかなくてはいけません。

猫が怪我をするのを防ぐのと同時にストレスを解消する目的もあります。

猫は高いところが好きなために専用の台を用意するか、登っても良い家具などを配置することで猫は快適に生活をすることができるようになります。

実は大事な食器選び

猫は食器にもこだわりを強く持ちます。どれが正解というものはありませんのでその猫の好みにあったものを選ぶことが必要となります。

それぞれ大きさや色合い、材質、温度などが違います。

材質によっては用意したものがすぐに冷えてしまったりして、食べたり飲んだりした際に体調を崩すときがあります。

このときによくやりがちなのは飼い主の好みで食器を選び、それを使用させることで猫がストレスを受けるというものです。

飼い主ではなく猫の好みにあった食器を決められた場所に、決まった時間に用意をしてあげるようにしましょう。時間や場所が頻繁に変わるのもよくはありません。

猫がエサを良く食べるようになる、食事の与え方

猫は自分が気に入らないと食事を食べなかったりします。これはもちろん健康状態を悪化させる原因になります。

猫が食事をあまりとらないようだと、その原因を探らなければいけません。

食事なのか食器なのか、時間帯なのか場所なのかなどを考えて適切に対処しましょう。

特に体調が悪くて食欲がないときや、歯が悪くて食べない時、老化によって食欲が低下してきたときなどは少し工夫が必要になります。

ドライフードだけではなかなか食べないためにそういった時だけウェットフードに変えてみたり、ドライフードとウェットフードを混ぜてみる、ドライフードをふやかして食べさせる、ペースト状にしたものを食べさせるというようにすると猫も食べやすくなります。

ただしウェットフードだけしか食べさせないのは栄養素の不足や歯の歯垢の増加、下痢の誘発などを引き起こすことがあるので注意しましょう。

それでも食欲がわかないときには、さらに色々と手段を試す必要があります。少なめの量だけにしてみる、少しずつ与えるという方法もあります。

なかにはあえて食事をしにくくすることで食欲を刺激するという方法もあります。

少し運動をしなければフードが出てこない仕掛けや、パズルを解かないと食べることができないというものです。

しかしこれらのものは使い方が非常に繊細です。間違えてしまうと猫には大きなストレスになり、余計に食べなくなるということもあります。猫の性格や状態を見て適切な方法を試しましょう。

気を付けたい水のあたえ方

猫は消化器官系の病気になりやすいことも有名です。なかでも水分不足には注意しなければならなりません。

猫は水分が不足してくると尿が濃くなっていき、腎臓に負担をかけるようになっていきます。

それらは腎臓病を引き起こし、さらには尿路結石や尿毒症にもつながっていきます。

猫が水だけで頻繁に飲んでいるようであれば何も問題はありませんが、あまり飲まない場合はドライフードを湿らせる、ウェットフードを与えるなどをして水分を取らせるようにしなくてはいけません。

猫は水の味を知ることができるとされています。

あまり水を飲まないようであれば、その水の味を気に入っていない可能性があります。水を違うものに変えてあげるのも良いかもしれません。

まとめ

「猫にストレスを与えない」といってもなかなか難しいと感じるかもしれません。

ここで挙げたポイントを少しずつ試しながら、「その猫が好む」環境にしていくことが重要です。

猫はそれぞれに好みが違うために、どれが正解というものはありません。

その猫が快適に生活でき、食事をしやすい環境を整えていく、それが猫にストレスを感じさせない快適な生活環境づくりだという気持ちで取り組んでみましょう。

-豆知識

Copyright© キャットフードマニア , 2021 All Rights Reserved.