豆知識

キャットフードに含まれている添加物。その危険性とは?

更新日:

Bru-nO / Pixabay

猫を飼っている人のほとんどは市販のキャットフードを購入していますよね?

一度買ったらその後も変えずに同じ商品を与え続けている場合が多いでしょう。

しかしそのキャットフード、本当に安全なものですか?

どのような成分が配合されているかちゃんと知っていますか?

中には健康を害するような危険な成分が平気で使われている商品もあるんです。

猫は自分の意志でキャットフードを選べませんから、私たち飼い主が責任を持って安全性の確認をしないといけませんよ。

そこで今回は、キャットフードに含まれている添加物についてご説明します。

保存料の危険性

キャットフードは様々な成分を配合することによって作られています。

主原料はタンパク質やミネラルなど猫にとって必要な栄養素ですが、注目してほしいのはそれ以外の成分です。

キャットフードには添加物が含まれていることがあります。

添加物は人間の食べ物にも使用されている身近なものなので、危険なイメージを持っている人は少ないかもしれませんね。

しかし私たちが口にする添加物とキャットフードに入っている添加物では危険度が違います。

人間用の食品には厳しい品質基準が設けられており、少しでも健康を害する可能性がある場合は使用に制限がかかります。

キャットフードに対する基準はかなり低く、体に悪い成分が含まれていてもそのまま出荷されてしまいます。

添加物にはいろんな種類がありますが、その中でも特に気を付けたいのが保存料です。

保存料はキャットフードの酸化を防ぎ少しでも長持ちさせるために使われています。

「賞味期限が伸びるのであれば含まれていても良い」と思っている人もいるかもしれません。

保存料の中には、ガンになるリスクを高めてしまうものもあるんです。猫は体が小さいため、わずかな量の摂取でも受ける影響は大きいですよ。

中には比較的安全性が高い保存料もあります。

酸化を抑える働きがある植物、例えばハーブや緑茶などから抽出されたエキスが使われている場合は心配しなくても大丈夫です。

天然のビタミンEと酢酸を混ぜることによって作られる天然型の酸化防止剤も問題ありません。

注意しなければならないのは石油から作られている保存料です。

これは非常に強い毒性を持っており、様々な病気や重い症状を引き起こす危険性が懸念されています。

長期間与え続けることによって体内に蓄積され、将来取り返しのつかないことになる可能性もあります。

愛猫に長生きしてもらうために、危険な保存料は避けるようにしましょう。

保存料の中で特に危険な成分

・エトキシキン

エトキシキンは本来、農薬として使われている薬品です。

酸化を防ぐ作用があるため、昔は人間の食品にも使われていました。

その後、ガンや皮膚病など重篤な病気を引き起こすことが分かったため食品への使用が禁じられるようになりました。

しかしキャットフードには未だに使われていることがあります。

実際に、エトキシキンが入っているキャットフードを食べたことにより体調を崩した猫もいます。

危険性が高いので、気を付けましょう。

・BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

BHAは、摂取することによって肝臓や甲状腺に異常をきたす可能性のある酸化防止剤です。

プラスチック製品にも使用されている成分であり、発がん性が確認されたため国産の食品に含まれることはほとんど無くなりました。

海外では今でも多く使われています。輸入品を購入する場合は気を付けた方が良いです。

・BHT(ブチルヒドロキシトルエン)

エトキシキンほどの危険性はないですが、健康に悪影響を及ぼすといわれている成分です。

石油の酸化防止剤として使われており、本来は人間や動物の食品に含まれるべきではありません。

しかしキャットフードに添加物として配合されていることがあります。

動物実験では脱毛の症状が見られており、ガンになる可能性も否定できないようです。

・亜硝酸ナトリウム

加工肉に使われることの多い発色剤です。ハムやソーセージなどに混ぜることによって、時間が経っても変色しにくくなります。

かなり毒性が強い成分です。お肉に含まれている「アミン」と合わさることで発がん性物質に変わってしまいます。

キャットフードでは、色を鮮やかに見せるために缶詰の商品やおやつに使用されていることが多いです。

添加物不使用のキャットフードを選ぼう

添加物の危険性について、少しはご理解いただけたと思います。

保存料以外にも着色料や甘味料など様々な添加物が存在していますが、これらは全て猫にとって必要のないものです。

着色料は見栄えを良くするために使われていますが、猫からしたらキャットフードの色なんかどうでも良いはずです。

メーカー側の都合で配合されている成分のせいで愛する飼い猫が病気になるなんて絶対に避けたいですよね。

「餌代は少しでも安く抑えたい」と考えている人もいるかもしれませんが、病気にかかってしまうと高い治療費が必要になりますよ。

添加物は摂取した直後ではなく、何年も経ってから症状として現れることが多いです。

後から後悔することのないように、なるべく添加物が入っていない自然派のキャットフードを与えてあげましょう。

選ぶ際は必ず成分表の端から端までしっかり確認して下さいね。

カナガン キャットフード

「カナガン」は、イギリス産のチキンを60%以上使用し、穀物不使用(グレインフリー)のイギリス産高級キャットフードです。

目・心臓・肝臓の健康を保ち、成長や生殖機能に働きかけるタウリンたっぷり 2,200mg/kg 配合。

人や犬と違って、猫は体内でタウリンを作ることができないので、食べ物から摂取しないと「タウリン欠乏症」になってしまい、目や心臓の病気になってしまうこともあるそうです。

野菜やハーブが配合されていてヘルシー。国際規格「SAI GLOBAL」クラスA取得工場で製造

グレインフリーなので、アレルギー対策もバッチリ

カナガンは猫ちゃんの健康をしっかり考えたキャットフードです。

徹底した品質管理で産地のイギリスから直輸入されるのでペットショップやホームセンターでは売っていません。

公式サイトから「定期コース」で申し込むと最大20%OFFや購入額によって送料や代引手数料が無料になります。

とびきりの美味しさとベストな栄養バランスを目指したカナガンキャットフード。

シニアから子猫まで全ての猫ちゃんにオススメのキャットフードです。

価格 ¥3,960
1kgあたり ¥2,640
カロリー 390kcal/100g
メイン食材 チキン
生産国 イギリス
酸化防止剤 ビタミンE
着色料 不使用
保存料 不使用
穀物 不使用
対応年齢 全年齢
賞味期限 常温未開封で製造日より18ヶ月
販売元 株式会社レティシアン
成分分析
粗タンパク質(以上) 37%
粗脂肪(以上) 20%
粗繊維(以下) 2%
灰分(以下) 9%
水分(以下) 7%
カロリー 390kcal/100g
原材料一覧 乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

 

-豆知識

Copyright© キャットフードマニア , 2021 All Rights Reserved.